共同事業でビジネスを多角的にサポート! トータルビジネス協同組合

ETC コーポレートカードのご案内

ETC コーポレートカードのご案内

ETC コーポレートカードとは?

ETC コーポレートカードは、各高速道路会社によって発行・貸与される ETC カードの1つです。
このカードを用いて、高速道路を走行することで、いわゆる「ヘビー・ユーザー向け」の割引である、「大口・多頻度割引」が適用されます。クレジットカード附帯の ETC カードなどと比較して、高速道路料金の大幅なコストダウンが可能になります。
※一部、割引対象外の有料道路があります。

どの程度の割引があるのかについて

●NEXCO東・中・西日本が管理する高速道路の場合
・東/中/西日本高速道路㈱が管理する高速自動車国道全線
・東/中/西日本高速道路㈱が管理する一般有料道路(京葉道路・東京湾アクアライン)

車両単位割引
※1.( )内は、ETC2.0を使用する事業用車両(注)に限り適用される割引率です。(平成31年3月末まで)
(注)道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第58条に定める自動車検査証において道路運送車両法施行規則(昭和26年運輸省令第74号)第35条の3第1項第13号について事業用と区別、又は道路運送車両法施行規則第63条の2に定める軽自動車届出済証において事業用と区別されているETC2.0搭載車両。
なお、経過措置として、平成30年4月1日以降、一定期間はその他のETC2.0搭載車両にも適用します。

●阪神高速道路(株)が管理する高速道路の場合
・阪神高速道路(株)が管理する阪神圏道路全線

車両単位割引
※2.平成44年(2032年)3月31日まで実施


●首都高速道路(株)が管理する高速道路の場合
・首都高速道路(株)が管理する道路全線

車両単位割引
※3.平成38年(2026年)3月31日まで実施

他の高速道路の場合は、割引率が異なります。
各割引率は最大割引率となります。

事業協同組合を通じて ETC カードを作るメリット

道路会社ごとに発行される請求書を、組合独自の見やすい請求書でご提供致します。

また高速道路各社とのカード発行、管理についてのやり取りも代行し、業務の煩雑さを回避できます。

ETC コーポレートカードの発行におけるルールなど

  1. 事業協同組合へのご加入が必要です。※所定の審査がございます。
  2. ETC ゲートを利用することが必要になります。そのため、ETC 車載器が搭載されている必要があります。
    ※また、セットアップが必要になります(詳細は組合までお問い合わせください)
  3. ETC コーポレートカードには、カード表面に登録車両が表示されており、券面記載の車両だけで利用可能となります。
  4. お申込みいただく車両の使用者名義は組合員様情報と一致している必要があります。
    ● 法人の場合:組合員様である法人名義の車両が利用可能
    ● 個人事業主の場合:代表者様名義の車両が利用可能
コーポレートカード発行のルール

お申込みからカード発行までの流れについて

コーポレートカード発行までの流れ

カードご利用にかかる費用

  1. 出資金:1,000円/口
    組合への加入に要する費用です。脱退時にご返金いたします。
  2. カード保守サービス:年間500円(カード1枚当たり・・・4月起算の月割り)
    盗難や他人に不正利用された時に生じる被害に対して、最高30万円の補償が出ます。
  3. ETC コーポレートカード発行手数料:617円(カード1枚当たり)
    注:破損・紛失・登録車両変更に伴う発行を受けた際も必要となります。
  4. カード取扱手数料:毎年4月1日時点で保有しているカード枚数分、取扱い手数料として617円(カード1枚当たり)

ご請求のスケジュール

ご請求のスケジュール

● お問い合わせはこちらから

092-589-5002(代)
受付時間 平日 9:00~17:00